スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

→コメントする
サイトリニューアルします。
皆様大変ご無沙汰しております。
本年もよろしくお願い致します。

年末からやってること、思っていることが形になってきているので
このブログに書きたいことも色いろあるのですが現在サイトのリニューアルの準備をしておりますのでもうしばらくお待ち下さい。近いうちに会いましょう!

主な変更点としてhoxaiの告知とブログと完全に分けようと思っています。
ブログでは市角壮玄個人として感じたことを恥も外聞もなく正直に書いて行きたいです。

イラストも恥ずかしいですがブログの方には載せていこうと思います。


→コメントする
描かせていただいた絵本がセブンネット売上で部門別、売上1位になってました。
 

写真は13日、14日に掲載された読売新聞一面下の広告です。
描かせていただいた絵本、絵ものがたり正信偈が

セブンネットで部門別一位の売上になっていたとの報告をいただきました。
ありがとうございます。
現在売り切れで、在庫を補充しているそうです。
(つまり順位は降下中 笑)
Amazonでも同じく売り切れているらしく、しばらくお待ちくださいとのこと。

思ったより多くの人に読んでいただけているようでとても嬉しいです。


→コメントする
Tokyo Station Vison



TOKYO STATION VISION、東京駅のプロジェクションマッピングを見てきました。

しかも二日間も。。。

東京駅丸の内駅舎保存・復原工事の完成を祝う記念イベントとして

大正時代創建当時の姿によみがえった駅舎をスクリーンに、

プロジェクションマッピングという手法で、

映像と音のスペクタクルショーが繰り広げられる、という

世紀のお祭りなのであります。(100年に一度という触れ込み。)


初日は打ち合わせのついでにまあ見てみようかね、というテンションで

覗いてみたんですが、ものすごい人だかりができてしまって

一回目の上映を逃してしまいました。

でもサイトによると、1日3回上映するからいいかな、、、と

悠長に構えていると、「本日のプログラムはすべて終了しました」

というアナウンスが。。。。


なんと混雑しすぎたのを懸念して警視庁から中止の指導が入ってしまったとのこと。


こうなると、なんか

"大して好きでもなかった子に告白された後、すぐ振られて逆に変に気になってしまった"

ような気分になり、

これは絶対見てやろうと次の日もノコノコやってきました。


しかし、この日は混雑を避けるために上映時間が変更になり

一回目を逃してしまいました。かろうじてビルの上からみた二回目。


そして、友人達の猛烈なススメで東京駅の目の前の特設会場に連れて行かれて

運良く見ることが出来た、最後の回がこの映像です。


tokyostation from hoxai on Vimeo.


僕は後半の駅舎全体を使ったDJプレイの映像が大好きです。

Suicaの読み取りの音とか、

列車の発車音をアレンジした曲がとてもかわいいですよね。



プロジェクションマッピングは、
行った国だとシンガポールで、かなりポピュラーで
皆がよく知っている建造物に投影をしていましたが、

やはり何を映しだすのかよりも、何に映像を映すのかのほうが
重要になってきますよね。


皆にとって「あたりまえ」になってしまっているものに
自己主張をさせることで、今まで感じることができなかった存在感が
わっ!と立ち上がってきて、愛着とか親しみになったりします。

あれからなんか、東京駅が人格をもったように感じて
かわいらしく思えてしまいました。


これ、日本各地でやったら面白いと思うんですけどねえ。






→コメントする
描いた絵本が代官山の蔦屋書店に置いていただけることになりました。
 



お気に入りの本屋さん、代官山蔦屋書店にて、
絵を描かせていただいた絵本、『絵ものがたり正信偈』
をおいていただけることになりました。

ご担当者が表紙をご覧になって「おしゃれで、面白そう」とご注文いただいたとのこと。
初めての絵本、相当しんどかったので(笑)  ありがたいことです。













おじいちゃんおばあちゃん世代なら誰でも知ってる
有名なお経のストーリーを読みやすい絵本にしてみました。


お経ってジッサイ何が書いてあるの?と不思議に思いますよね。
どんな内容なのか、カフェしながら読んでみてください〜。


尚、全国主要書店に取り扱っていただくよう、
出版社の方が交鈔くださっています。

(出版は来月10日の予定です)




→コメントする
マリーナ・ベイ・サンズのプールはこんなところでした。
 




初心者ながら無事にVJをやり遂げ、打ち上げで
マリーナ・ベイ・サンズの屋上のプール行きました。

すごい景色!

下を見下ろすと
シンガポールの高層ビルや高速道路、港などが遥か眼下に広がっています。
地上200m。もはやリアリティのない景色なので全く怖くありません。


レストランやクラブを備えていて、プールサイドで
ご飯を食べたりお酒を飲んだり、おどったりもできます。

少人数プロジェクトの打ち上げには最適なんじゃないでしょうか。



さて、行く前から気になってたこと、
みなさんも不思議に困ってることの結果を書いてきます。



疑問その一:どんな人達がきてるの?

だいたいこんな内訳です。


アングロサクソン系=40%
中華系=25%
日本のひと=20%
その他=マレー、アラブ系など。


家族連れはあまりなく、
若い夫婦や、カップルが目立ちます。
この手の場所によく見られる、
白人男性×アジア人女性も多いですね。

意外だったのは案外日本人がたくさんいて

近づき過ぎないようにお互い空気を読み合いながら
和気あいあいとしているところでした。笑

今回の訪問では特に多くの日本人にあいました。
流行ってきてるの?シンガポール。CMの影響なんですかね?

あとは特徴として美男美女がすごく多いです。
まあ、古来より富の集まるところに容姿端麗な人が集まるものですが、、、






疑問そのニ:プールの端っこはどうなってるの?危なくない?


答え:プールの外側、下に低い冊があるだけです。アブナイ!
最初の写真にちょっと映ってますけど、プールの端から1.3mくらいのところに
一段低くなったわずかな隙間と冊があります。
その下は200メートルの虚空が広がっています。おそろしい。。。

コレが日本なら絶対にありえない仕様です。




疑問その三:何でお前はここにいるの?

答え:イベントの経費です!笑 
でもいつかまた来たいですね〜。特に夜に!そしてぼーっとしたい。。


→コメントする
シンガポールのMBSでVJします。
 





今週はシンガポールにいます。

写真はスマップのCMとかでお馴染みのマリーナ・ベイ・サンズ。

本日この"ばかうけ"みたいなオブジェクトがのっかってるビルで
音楽に合わせてVJします!

ものすごいブランクがある上に経験浅いので
夜の間、練習です。。。ねむい。。。





中はこんな感じ。
世界のお金持ちが道楽で散財を楽しむカジノ。
あらゆる高級品をかき集めてる豪華なショッピングモール。

でも一個も欲しいと思うの、なかったです。



→コメントする
色校、色校!


京都の出版社で色校正!
もうすぐ出版される絵本のイラストを描いております。
 
数年前になんとなく始めてみたイラストが、あれよあれよとこんなことに。
この案件、最初の頃は筆が遅くてご迷惑をお掛けしていましたが
最後の方は大分描くのが早くなりました。

あと、動物だけじゃなくて、人間も描けるようになりました。笑



→コメントする
hoxaigraphicsがドイツのテレビ番組に出演、コメントしています。

スクリーンショット-2012-07-06-12.28.jpg

ドイツのテレビ局Deutsche Welle(ドイチェ・ヴェレ)に
日本人デザイナーとして取材されました。

葛飾北斎とその影響をうけた
グラフィックデザインなどについてコメントをしています。

スクリーンショット-2012-07-06-12.29.jpg






なんかベルリンの博物館「マルティン・グロピウス・バウ(Martin Gropius Bau)」のディレクターさんと混じって話したりしてます。本当にいいんでしょうかこれ 笑

吹き替えでとても素敵なドイツ語にしてくれて嬉しく思います。
吹き替えの声ってすごい大事ですよね!印象がぜんぜん違う。


スクリーンショット-2012-07-06-12.30.jpg







ちょっとだけ映像公開。


→コメントする
美しきかな。日月潭。




日本ではあまり知られていませんが台湾の観光名所になっている

日月潭(にちげつたん)に行って来ました。


大都会、台北からバスに揺られること、三時間ほど。


水墨画の世界がまるで現実に立ち現れたかのような、
この美しい景色が眼前に飛び込んできます。

加工してないんですよ。この写真。








対岸の山のいただきにそびえる五重の塔が。

そう、これ以前に想像で描いていた
虚空山彼岸寺のイラストそのままの景色。
http://www.higan.net/

実在していたのですね。すげー。





イカダを手作りして湖を行く事に。

鬼教官みたいな人が中国語でまくしたてているのですが、
口調からして

「いいか野郎ども。死にたい奴は俺の言うことを無視して結構!助かりたい奴は今から俺に絶対服従だ!」

的な事を言っているような気がします。

たぶん合ってます。





とつぜんのスパルタ方式に戸惑いながらも

真剣にいかだを組み始める旅行者たち。教官からはノーヒントです。
ペルーとコロンビアで生活していたという
真ん中の女性が全体の指揮を取ります。

極限状態では自然とリーダーが決まるものです。





いかだを組み始める我々。この結び方の甘さが命取りに。。




……教官、、こんなイカダで、ほんとうに大丈夫なんでしょうか。


前の方で不安で振り向いている人もいますが、教官は満足そうに頷きます。




しかし、案の定このあとこの船は水上崩壊の憂き目に遭うのでした。。。


でも、水に落ちた人は、美しい湖でおよげたのだからちょっと羨ましい!


ああ、日月潭、うつくしかな。

→コメントする
祇園祭に来ています。
 






京都での打ち合わせがちょうど祇園祭に重なって
はじめて来てみました!


京都に住んでいるときには暑い、人いっぱい、などの理由から避けていましたが

一緒に回ってくれる人がいたり、祭りに関わっているひとと話せると、
とても楽しい事がわかりました。


けっして大怪我をするような激しいお祭りじゃありませんが
1100年もこんな祭りを粛々とつづけているこの土地の人達の静かな情熱が恐ろしい。

こんちきちんの音色、やみつきです。




→コメントする
<< | 2/45PAGES | >>


Contents