スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

→コメントする
京成大久保 会議

生まれ育った京成大久保のカフェ、コミューンのオーナーと
地元会議してました。

大昔はユニークな映画館や書店、個人経営のボウリング場、銭湯など
昭和レトロな風情と活気があったこの街も

1990年代には個人商店が軒並み姿を消し、
フランチャイズ経営によるミニ東京化の波が押し寄せて
独自の文化が消えてしまっていたのですが

このカフェをはじめ、若手の作家さんたちによる
ギャラリースペースができたりしはじめて
じょじょに面白くなってきました。

とくに古い酒屋とか、床屋さんの二代目が
店舗をわざと昔の姿に「復刻」させたりして、
町並みの美しさに関心がでてきたような気がします。

コミューンは京成大久保駅からほどちかい桜並木にたたずむカフェで
かなりの数の絵本と
東京のお店では滅多に出ない贅沢なお茶っ葉をつかった紅茶や
これまた贅沢すぎるNYチーズケーキ、
ニンジンと玉葱をふんだんに炒めてつくるカレーなどが絶品。
でも価格は東京の半分くらい。
オーナーは若いけど客層は幅広くておばあちゃんたちにも愛されています。



子供づれのお客さんへの配慮もベッドタウンでは忘れては行けないポイント。

甥っ子とレゴで遊んでいたはずが途中から僕だけ一生懸命に。


 

「夜しまった後、ここでお店やってみたら?」とオーナー。



べつに地元を千葉県のアート中心にしようとか
クリエイターのコミューンをつくろうとかは
全く考えていないですが、

東京から戻ってくるUターン組やIターン組の受け皿になるような
居心地のいいコミュニティを一人一人が作り上げて行くことが

以前に比べて情報だけが行き交い、
経済的な面でも文化的な面でも
都市と地方の差が以前よりはっきり解るようになってしまった
僕たちの世代には必要なのかもしれません。




cafe de la COMMUNE

千葉県習志野市大久保1-20-3
047-471-9246


[平日] 11:00 - 20:00(LO 19:30)
[土曜日] 11:00 - 20:00(LO  19:30)



大きな地図で見る
→コメントする
<< 宇宙兄弟 | main | 鉈屋町(盛岡)  会議1   >>
スポンサーサイト
→コメントする


Contents