スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

→コメントする
ロシアの恐ろしい衛星写真
 


またロシアの話題です。
GoogleMapsの衛星写真で世界中を回っていたら、
ロシアの北極海沿岸に恐ろしい場所を見つけてしまいました。






信じられないでしょうが、衛星写真です。
この世の終わりの光景みたいですが、一体なんなんでしょうか。


大地に無数に空いた虚空のように見えます。
まるでこの穴からおびただしい数のミミズが出てきそう。。


調べてみると、この辺りは
サハ共和国の「レナ川水系」「コリマ水系」という場所のようです。

無数の穴に見えたのは実はツンドラが溶けてできた
5000もの湖なのだとか!

この衛星写真は夏に撮った物だったのですね。





降り立ってみると、こういう場所のようです。
これまた現実離れした光景ですね。



岩についている青っぽいものは氷なんだそうです。




ちなみにこのサハ共和国、ものすごく人口が少なくて、
30㎢に3人くらいしか居ないとか、石油や金やダイヤなどの埋蔵量が
世界でもトップレベルだとか、面白いエピソードにこと欠かない場所です。


ほんと、ゲームみたいな国ですね。


北極海沿岸には他にも好奇心をかき立てられる場所がたくさんあります。




これはコテリヌイ島というんですが、まるでRPGのマップのように
バラエティに富んだ地形になっています。

>googlemaps

白いのは雪、緑は森として、、黄色や青は一体なんでしょうか。。。。




でも、そのすぐ下の島には、まんなかに豆みたいのが
一個置いてあるだけです。
これもまた謎。。。


まるで神様がテキトーに遊びでつくったみたいな地形ですよね。

先日の教会の建築といい、デザインといい
今回の地形といい、ロシアは僕の心をとらえて離しません。。
気になる。。。

→コメントする
<< WiMAXにしたよ | main | 誕生日にもらったもの1 >>
スポンサーサイト
→コメントする


Contents