スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

→コメントする
まちの修理やさんのありがたみ。ピノキオ(京成大久保)
 

前回の記事で書いた町の修理やさん

ピノキオ(京成大久保)に帰郷の際に立ち寄りました。


お店の場所が移転してわからなかったので電話をすると
おばさん、わざわざ近くのコンビニまで迎えに来てくれました。
(お店はどうなってるのでしょう)

革ジャンが東京のお店では預けると二ヶ月待ちだったことから
替えの洋服をもってスタンバイしていたのですが

「30分くらい時間ある?」

と聞かれてびっくり。

すかさず修理が開始されました。。えええ。。
すぐ終わるものにかんしては、その場で修理してしまうみたいです。
革を補強したり、たたいたり、変な機械(写真参照)で
表面を滑らかにしたりしているうちに

あっというまに終了。



うん。ぽっかりあいていた穴が、
日常で使う分にはまったく問題のないレベルになりました。

高価なお金をかけて虫眼鏡でないと分からないようなレベルの
補修をするのでなければ、こういうお店の処置が一番ありがたいですね。

料金は、なんと1000円!!!安すぎる!

あんまり安いので「せめてブログに書いておきます」といったら
その1000円もいらないと、受け取りませんでした。

なんでしょう。同じものに向かい合う職業として
非常に考えさせられる体験でした。

おばさん、ありがとうね。


都内に住んでいる人もおすすめです。

びっくりするくらいの値段で色々修理してくれますので
あきらめていたものでも、一度相談してみては。


京成大久保 ピノキオ

047-475-4734







→コメントする
<< つくるひと<なおすひと? | main | 株式会社メイジュエンターテイメント WEBサイト >>
スポンサーサイト
→コメントする


Contents