スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

→コメントする
サイトリニューアルに伴い、ブログを引越ししました。
hoxaiのサイトリニューアルに伴い、
ブログを引越ししました。



こちらになります→ 



今度ともよろしくお願いします!
→コメントする
Finnair(フィンエアー)のデザインとか安全性とか



 スペイン・オルティゲイラへの旅はフィンエアーでいきました。

とても評判の高い航空会社だったのに
意外なほどヨーロッパ行きのチケットが安く驚きました。

ヘルシンキ経由で往復10万円程度。

フィンエアーの良い噂は色々聞きます。

ドイツに拠点を置き、世界の航空機事故などの評価を行っているJACDECが定めた
2012年の航空会社安全ランキングというものがあります。

フィンエアーは1位。ちなみにJALは47位です。
1963年以来一度も事故を起こしていないというのは他の航空会社と比べると驚異的です。

フィンエアーのサイトを見てみると、もう安全については何のアピールもしていないで
環境配慮のことばかり書いてありますね。落ちないのが当然。という自信を感じます。

多い時には月に4回くらい飛行機乗ってる私ですが、
実はビビリなもので、この落ちない飛行機ってのは重要です。


上記ランキングで最下位の航空会社、中華航空。

実は友人のお父さんが大事故を起こした飛行機に仕事の延期で乗れずに
間一髪助かったという事があり、それ以来乗るのを控えております。。

いまでは中華航空も安全性を改善し始めているみたいですけどね。。


でも、個人的にフィンエアー1番の魅力はデザイン!








空の旅をマリメッコで楽しめる至福。



"2001年宇宙の旅"を彷彿させるレトロフューチャーな制服も素敵です。


そしてもうひとつの魅力は必ず立ち寄るヘルシンキ国際空港。
















空港内のサインのデザイン、長居したくなる空間デザイン。
そして、空港内で買うことができるフィンランドのパッケージデザインを楽しめます。

長居ができる空港を拠点にしているというのは航空会社にとって強力なアドバンテージですよね。乗り継ぎの都合で10時間くらいここにいなくてはいけなくてもさして困らないと思いました。Wi-Fiも強力ですし、ここで仕事のメールをチェックしたり作業をすることができます。




もちろんムーミンショップもあるよ。


今後もヨーロッパ行きにはできる限りフィンエアーを使いたいと思います。


さて、日本の航空会社、空港は外国人からみてどんなふうに映ってるのかな。。。
→コメントする
ロシアの恐ろしい大地をとうとうこの目におさめる!

 
スペインオルティゲイラへの壮大な冒険が始まりました。
フィンエアーのデザインの可愛さに興奮しつつ、
ロシアを通ってまずは北欧のフィンランドへ。

途中、以前にこのブログでも書いた、ロシアの恐ろしい大地を肉眼で見ることが出来ました!
 http://hoxai.jugem.jp/?eid=373

コリマ水系のグロテスクで美しい地形です。
冬は凍っているはずですからこの季節にこの空を通過できたのはとてもラッキーでした!

ああ、次は空からじゃなくて実際にこの土地を歩いてみたい。。


さて、次はヘルシンキ国際空港での様子を書きます!


→コメントする
スペイン→モロッコの旅にいってきます。



7/5日〜7/15まで添付の図のルートで旅をして参ります。 

バルセロナ→フェズ→シャウエン→タンジェ→マドリード→オルティゲイラ→バルセロナ 

メインの目的は、スペインで行われる世界最大級のケルト音楽祭のメインゲストになった ハモニカクリームズの勇姿をこの目に焼き付けてくること&サイト用の撮影です。

 http://harmonicacreams.com/ (まだ作りかけなので完成させます) 

ついでにちゃっかりモロッコも行ってきます。 

すこし連絡がつきにくくなるかもしれませんが この期間も通常営業です。 
大学の仕事も通常どおり行なっています。 

050の電話番号は国内と変わらない料金で通話できます。 
FBやメールもチェックしてますのでお気軽にお仕事の連絡もください。


→コメントする
僕が旅に行くときに履いていく靴3つ。




旅をしていると、とにかく歩きます。 タクシーがいつもつかまるとは限らないし、
歩くこと自体が目的の市場巡り ハイキングに山登りもあります。


また、国や地域によって歩きやすい道もあれば悪路もあり、 
乾燥してる場所もあればベトベトしてたりするところもあります。 

歩いて疲れないということは、いろいろな場所に行けるということですから
これは旅の楽しさに直結します。

知らないうちに溜まっていく疲労は旅先での病気や怪我を招いたりします。


では、とりあえず旅行に行く時に、シチュエーションが 想像しきれない場合、
どれを履いていけば問題ないのか。
僕はずっとこれをテーマにトライアンドエラーを重ねてきました。

条件
長時間歩いても疲れない
ぬかるみや岩場、ビーチや森など、どこでにも履いていける。
ホームレスっぽい見た目にならない(重要)



僕が旅をしてきて今のところ最適解だと思ってる靴は次の3つです。 





 その1 メレル ジャングルモック 



ネット上でも異常な人気を誇るメレルのジャングルモック。
一度履いた人は、他の靴を履けなくなるとまで言われています。
レビューを見るとファンのその狂信ぶりが理解できると思います。

とにかく快適。靴なのに素足で歩いているような軽快さと 
どんな岩山やぬかるみも物ともしないグリップ力!! 
(アウトドア用なのに300gという軽さは脅威です。)

さらにすごいのは表面を覆うスエード素材が汚れやホコリを寄せ付けない
 "洗わなくてもいい仕様" 

悪路が多い東南アジアでも
これを履いて行って不便さを感じたことは一回もないです。




かかとを潰してサンダルとしてつっかけることもできるし
(ここが他の登山系スニーカーとの違い)
 
いうこと無い文句なしの靴です! 















 .....見た目が超絶ダサイ以外は。。。 
これ、他社からデザイナーを引っ張ってきて何とかならないものでしょうか。



メレル ジャングルモック 





 その2 ニューバランス 576 




メレルほどじゃないにしても、
非常に優れた安定感を誇るシューズがこのニューバランス! 
なんせもともと医療用に開発された経緯を持つ靴ですからね。
長時間あるくことを念頭に入れて設計されています。

いわゆるナイキやアディダスなんかのスポーツ用スニーカーと比べた時、
とくに長旅から帰ってきた時にその違いに気がつくはずです。
全身のバランスを調節して、慢性の疲労を軽減する特徴があります。



サンダル履きはできないし、ぬかるみや、雨の日のタイルなどで滑りやすいという弱点もありますが、見た目がかっこいい。。。  

旭川の積もりまくった雪の中を歩いても、靴の中に浸水しませんでした。




レザーだったらちょっとしたパーティでもスーツと合わせて
 "あえて外したんだよ?"という顔をすることもできます。 


 世界中いろんな国で手に入るので、メンテナンスもしやすいのも魅力。 




ニューバランス576 






その 3 ビルケンシュトックサンダル アリゾナ 







ダークホースです。

湿度の高い地域では上記の靴たちでは
快適さが損なわれます。

毎日靴下を取り替えたり洗濯できない場合だって 時としてあるかもしれない。 
そんなとき素足で履ける靴は魅力ですね。 


230年の歴史を誇るビルケンシュトックなら、ニューバランスにも引けをとらない履きやすさだし、見た目に反して、意外と激しい運動にも耐えられるホールド力があります。


実際これでアメリカのヨセミテ国立公園の巨岩に登ったこともあります。 
ただこれだけだとさすがに食事会には履いていけませんよね。。



ビルケンシュトック アリゾナ 




うーんむずかしい!

現状僕は余裕のあるときにはニューバランスとビルケンの二種類ばきです。

でも岩山だとか、ものすごくタフな旅ならメレル一足で行くと思います。 


次の旅はどれにしようかなーー。。。



番外編: sou sou  足袋スニーカー


京都のブランド sou souの足袋スニーカーを忘れていました。

水に弱いという致命的欠陥をかかえながらも
足袋には靴とは異次元の履きやすさがあります。
一歩一歩を踏みしめて、歩くことが楽しくなるアイテム。

降水量のすくない場所。特に欧米に履いて行くと、喜ばれるかもしれませんね。





追記: TEVAのサンダル



かなりアウトドアに精通している知人に聞いたところ、
このサンダルがおすすめとのこと。
様々なメーカーとコラボしていたりしてアウトドアショップではよく見かけるのですが
試したことはありませんでした。
油の上でも滑らないという謳い文句、そして水陸両用場所を選ばず、
サンダルなので鞄に忍ばせられるのも魅力ですね。

これは履いてみたい!

その方の提案はフォーマル用にデッキシューズも携帯するというものでした。
これはかなり全方位をカバーできる組み合わせですね。


→コメントする
技術じゃ出せない味。森のイスキア 佐藤初女さんのおにぎり。
 

福祉活動家、教育者であります佐藤初女さんとお会いしました。
佐藤さんは森のイスキアという青森県岩木山の山麓にある
福祉施設の主催をされています。




P1080670.jpg



森のイスキアには、身体や心の悩みを持った人々が沢山訪れます。
そんなとき佐藤さんが振る舞うのが心のこもった素朴で美味しいご飯です。



高度な近代精神療法でも改善されなかった病んだ心が
初女さんのおにぎりで癒されていく話は度々メディアで取り上げられていましたが
どんな味がするのか気になって仕方がありませんでした。

今回、佐藤さんのおにぎりがどんなふうに作られているのかを知ることができる
チャンスに幸運にも恵まれて、川越まで行ってきたんですが、

おにぎり一つ作るのにここまで細やかにやるものなのか、
と確かに関心。それ以上におにぎりやお味噌汁などの日本人のソウルフードは
作り手がどんな精神状態でこしらえているのかが重要なことに気が付かされました。


P1080662.jpg


P1080680.jpg



これまた食べたいなあ。。
→コメントする
我が家の改装と防空壕。それと去年この場所でばあちゃんがテレビ出演したこと
 


すっかり綺麗になった実家の敷地。いままであった築60年位の家を壊して
建て替えの真っ最中です。

順調にすすんでた工事ですが、ある問題が発生してストップ。

それは「防空壕」の発見でした。





ショベルカーが何かに当たって見てみると防空壕の通気口。
通気口の深さはおよそ2メートル弱ですが中はもっと空間が広がっていそうです。

ばあちゃんに聞いてみると徐々に思い出し始め
たしかに小さい頃に入ったことがあるらしい。

当時日本軍として働いていた朝鮮の兵隊さんが作ったものとのこと。


というわけで発見されてから一週間工事はストップ。
中に何が入っているのかはこれから徐々にわかってきます。

ごくたまにですがご遺体も出てくることがあるとのこと。ひえー。




この場所はちなみに去年、、





ばあちゃんが偶然不思議なかぼちゃのようなメロンを栽培して
テレビ出演した場所でもあります。フジテレビのスーパーニュースでした。


なにかとお騒がせな我家の庭。このあとの動向も見逃せないのですが
このあと僕はスペインに旅立つため、防空壕の探検はならず。。無念。


→コメントする
日本古来の野菜をあじわう。 種市@吉祥寺bacecafe

 






日本の在来種、古来種の野菜と種のイベントがあると聞いて、

吉祥寺の"種市"に行って参りました。

滋味あふれる古来種の野菜料理の素朴でしっかりしたおいしさを噛み締めながら、日本全国の古来種野菜の生産者さんにまつわる貴重なお話を聞かせてもらったり非常に有意義な時間でした。

base cafeの雰囲気も心地く、ついつい長いしてしまいそうでした。  

古来種最後の担い手であるおじいちゃんおばあちゃんたちの後継が途絶えてしまえば、そこで永遠にこの素晴らしい野菜達が姿を消してしまうことになりますよね。 

特に住むところを選ばないノマドな人たちは結婚したら彼らのところに住みこんで仕事しながら野菜作りすればいいんじゃないかと思いますね。

いずれ古来種の種を集めて周り、実家の畑で栽培して楽しむのが夢です。





→コメントする
ロンブー淳さんを占いました。



ロンブー淳さんを所属する占い師集団notforsaleの皆で占いました。

六人で淳さんの仕事、恋愛、結婚様々なトピックをそれぞれが掛け合いました。

露出するタイミングでまたお報せします。


個人的に最近の淳さんのネット関係のメディアでの動きが
とても気になっているんですよね。



→コメントする
日本おさらいの旅なう。
P1080383.jpg


P1080313.jpg




P1090084.jpg



異国で旅をしたり仕事をしたりしている人間が日本のことを
よく知らずに紹介できない、というのはよく聞く話ですが
ご多分にもれず、僕もそういう一人でして、


やはり日本の良い所はもちろん
われわれ日本人とその文化はどうやって成立していったのか
どんな多様性があるのか、伝える必要性を最近感じています。
(良くない所はわりと簡単に伝えられる 笑)



僕の関心はもっぱら自然の美しさや、伝統文化
あるいは美味しい食べ物に限定されるのですが笑、

まずは沖縄から出発して、北海道と縄文/アイヌの
自然信仰、シャーマニズムの世界を見てきました。
これらは宗教的儀礼の中に、あるいは芸術の中に今でもちゃんと根付いています。


縄文をある程度みたら、
つぎは熊野や伊勢など古事記の世界に足を踏み入れようかなと思っています。


7月に友人に会いにヨーロッパに行く事が決まっていますので、
そのまえまでは、日本おさらいの旅。

自然に触れていろんな人に出会い話をしているうちに
単純だと思っていた日本が

場所によって全然違う顔を持っていることが
今更ながらわかってきました。



今回の旅のお供はこちら。








DNAの本は実際に鑑定を受けてみたくなる内容。どんなルーツが出てくるか謎です。
まあ、ミトコンドリアで調べるので母方のほうの遺伝子しかわからないのですが。


本多勝一のアイヌ民族、面白い。
失われたはずのアイヌの日々の生活の記憶が、
まるでいま見てきたかのように鮮明に描写されています。

→コメントする
| 1/45PAGES | >>


Contents